歯が痛い・しみる~虫歯治療~

船橋の歯医者【あおぞら歯科クリニック新館】トップ > 虫歯治療

どうして虫歯になるかご存知ですか?

誰もがかかる可能性がある虫歯。しかし、その原因やメカニズムについて、きちんとご存知の方は少ないようです。どうして虫歯になるのか理解し、痛みなどの症状が出る前に、早期発見・早期治療ができるようにしましょう。

虫歯の原因とメカニズム

虫歯になるには、以下に挙げる4つの要因が関係しています。

虫歯菌の存在

虫歯はお口の感染症。お口のなかにはたくさんの細菌が存在しており、そのなかの「ミュータンス菌」をはじめとした細菌が虫歯の原因になります。

 
お口に残る糖分

食事の際、お口に残った糖分を栄養源として虫歯菌が酸を出し、歯を溶かします。

虫歯
歯質

生まれつき歯質が弱い方や、特定の病気で歯質が弱くなっている方は、虫歯になりやすいことがあります。

 
ブラッシングまでの時間

食後のブラッシングで、糖分をお口からきちんと取り除いておくことが大切。食事のあと30分ほどで、虫歯菌が活発になり酸を出すとされています。

虫歯にならないためには、糖分を摂り過ぎないこと、(摂るのであれば回数、時間を決めること)食後にしっかりブラッシングすることが大切です。また、虫歯は自然には治らない病気。痛みがあったり、しみたりする時には、できるだけ早く歯科医院を受診するようにしましょう。早期に治療ができれば、痛みも少なく、早く治療が終えられます。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布 で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

理事長のワンポイントアドバイス(虫歯編)

毎日のセルフケアとプロケアで、しっかり虫歯を予防しましょう健康な歯を保ちたい~予防・メインテナンス~

WEBから24時間診療時間予約を受け付けています!お気軽にどうぞ