~矯正歯科~歯並びをきれいに

船橋の歯医者【あおぞら歯科クリニック新館】トップ > 矯正歯科

~矯正歯科~歯並びを整えることで人生が変わることがあります

歯並び

歯並びを見られるのが気になって、無意識に口元を隠したりしていませんか? 顔の中でも、口元はお化粧などでカバーするのが難しいポイント。不正咬合(出っ歯・八重歯など)はチャームポイントだと言われることもありますが、それだけ人の印象に残る部分でもあるのです。

歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目を損なうだけでなく心身への負担となっていることもあります。よく咬んで食事ができない、息漏れがあり発音しづらい……。こういったコンプレックスまで解消できるのが矯正治療です。

歯並び・咬み合わせ

当院には矯正専門医が在籍しており、安心・安全な治療を行っております。また、お手入れが難しい矯正期間中に虫歯になってしまっても、一般歯科で対応できますので、安心して治療にのぞんでいただけます。歯並び・咬み合わせのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

矯正することのメリット

メリット1お口のメンテナンスがラクになります。

歯並びが整うことによって、食べたものが歯に詰まりにくくなり、ブラッシングもラクに行えるようになります。お口のケアがしやすくなることから、虫歯や歯周病といったトラブル、口臭などが発生しにくくなります。

メリット2カラダへの負担軽減

咬み合わせが改善されると、よく咬んで食べることができるようになり、胃腸など消化器官への負担が減ります。また、咬むバランスが整えられると、顎関節症など顎の痛み、頭痛や肩こりといったお悩みの軽減も期待できます。

メリット3ココロの負担軽減

歯並びの改善によって見た目が気にならなくなり、コンプレックスから解放されます。気持ちが軽くなると、自然な笑顔がこぼれるように。また、よく咬むことがよい刺激となり、脳機能を活性化させるともいわれています。

悪い歯並び(不正咬合)の例

出っ歯 受け口 開咬(かいこう)
出っ歯 受け口 開咬
上の前歯や上顎が前に出ていることから、口が閉じにくくなっています。 下顎や下の歯が、上の歯よりも前に出ている状態です。 奥歯を咬みしめても、前歯が上下で咬み合わず、隙間ができている状態です。
過蓋咬合(かがいこうごう) 叢生(そうせい) 上下顎前突
過蓋咬合 叢生 上下顎前突
咬み合わせが深すぎ、上の歯で下の歯が見えなくなるほど被さっている状態です。 顎と歯の大きさのバランスが悪いため、デコボコに生えている状態です。 上下の前歯が、同じくらい突き出しています。前歯が当たるために唇のケガが多い傾向にあります。

矯正を目立たせないための工夫

治療していることが分かりにくい

取り扱い矯正装置紹介

メタルブラケット

メタルブラケット 一般的な矯正装置です。金属のブラケットを歯の表面に装着し、そこへワイヤーを通すことで、少しずつ歯を移動させていきます。ほとんどの症例に適用でき、費用や治療期間が抑えられる方法です。

クリアブラケット

クリアブラケット ブラケットに透明の樹脂を用いた矯正装置です。見た目に矯正していることがわかりにくいのが大きなメリット。治療期間はメタルブラケットとほとんど同じです。

MTM(部分矯正)

目立つ部分の歯並びだけを整えられる部分的な矯正方法です。短期間で治療が行えるため、患者様の負担も抑えられます。1本から数本の歯並びに適用できます。

理事長のワンポイントアドバイス(矯正歯科編)

矯正歯科治療について

24時間WEB予約