「 前歯の痛み  全顎的な治療」:患者様の声と治療内容ページ : 船橋の歯医者 | あおぞら歯科クリニック新館 | 土日祝診療、駐車場有

8月23日

前歯の痛み  全顎的な治療

◆かみ合わせの問題から前歯に痛みが出てきました

60代 女性の方からのお声です

来院する前はどんな不安や心配ごとがありましたか?

治療していただけるか、それが不安でした。

(今まで通院していたところへ行かなければならないかと)

当医院へ来院したきっかけ

母に聞いていたので

実際に来院されて、治療を終えて、いかかがでしたか?

いつでもやさしく接していただき、ほっとする中で終わったので、とてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

下の画像は1番目の前歯にかぶせ物が入ったところです。

 

 

 

船橋あおぞら歯科クリニックからのコメント

1年半の間、1週間に一回、欠かさず通院して下さりありがとうございました。

この方は、前歯の激痛で来院されました。急性の歯髄炎で、抜髄(神経を抜く処置)を行い、痛みはその後治まりました。この方の場合、前歯の痛みの原因にかみ合わせが大きく関わっておりました。右の奥歯が何本か抜けたままになっていたため、かみ合わせが深くなってしまい、前歯の咬耗が激しくなり、神経が露出したために神経に炎症を起こしていたのです。

治療用の入れ歯とプラスチックの仮歯を使い、全額的に咬合挙上を行いかみ合わせが整ってから、最終的なかぶせ物や入れ歯を作成することになりました。

バネのない入れ歯、ソフトデンチャーの使い心地も良いとのことで、奥歯でも咬むことができ、顔貌も若々しく変わりました。

 

 

下の画像は仮歯の段階の画像です

下の画像はかみ合わせが深くなることにより、上の前歯の歯冠長が短くなってしまっていたので、歯冠長を長くする歯周外科を行ったところです。歯冠長を長くすることにより審美的に良くなるだけではなく、かぶせ物が取れにくくなります。

ページTOP

サイトメニュー